Make the future by yourself

八木さやちゃんの自分ビジネスとの出会いと衝撃

sakura
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sakura
中学受験を経験した子供たちのサポートの日々。 だけどもっと自分に自信をもって、もっとキラキラと生きていきたい。 ママだってもっと輝きたい! 自分のために心地よく生きる日々の方法、生活・子育てご飯について考えていきます。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

八木さやちゃんの自分ビジネスを知ったのは去年の夏。
今日は「自分ビジネス」のお話です。




子宮系女子はるちゃんとしての活動を引退

八木さやちゃんはとてもかわいらしい女性。私のイメージは子リスちゃん。


もともと子宮系と呼ばれるはるちゃんとして活動していました。

そんなはるちゃんを一昨年引退。

大人気でインフルエンサーとしてすざましい影響力をもっていたはるちゃんは、SNSもブログも商品もきっぱり消していなくなってしまいました。
とても潔かった。

私はハッピーちゃんのブログを読んでいたので、子宮系のはるちゃんとして活躍して引退して、と一連の八木さやちゃんの動向は知っていました。


子宮系というアンチもいっぱいいることもそんなの関係なく生きていることも。


だからといって私は好きでも嫌いでもなく・・・

基本的に自分の気分が上がる人の考え方は必要な部分のみ取り入れるようにしているので、ナリ心理学のナリ君も、藤沢あゆみ先生も、ハッピーちゃんも、自己肯定感が高まること、前向きになれることを書いている人は好き。

ただウキウキする未来が見えることが好き、そんなスタンスです。

はるちゃんも子宮のお話はしらなかったけれど、全く毛嫌いはしていませんでした。

はるちゃんはハッピーちゃんのお友達としてしか認知してなかったし、ちょっと不思議な女の子…と思っていました。

自分ビジネスの八木さやちゃんとして出会った衝撃

それからしばらくして、昨年の夏、たまたま自分ビジネスのブログにたどり着きました。

なにこれ!あの、はるちゃん!!??

その時であったはるちゃん、いえ、八木さやちゃんはものすごいことを言い放っていました。


「好きじゃなきゃ買うな」
「押し売りしてるわけじゃないから、見たくなければ見なくていい」

の堂々とした姿勢。

今までビジネス論を散々学んできた私には衝撃的な内容です。

しかし、八木さやちゃんのブログの言葉がビシビシ突き刺さりました。


私はブログに思いを書くこと、読むことはとても慣れているし、自分でブログを立ち上げることを散々勉強してきたのでブログ記事の書き方もよく知っていました。

それなのにこんなにカミナリに撃たれるような文章はそうそう見たことがありませんでした。


痛いくらい刺さりました。
「なにぐすぐすやってんの?置いていくよ!」
とあきれて笑っている、そんな八木さやちゃんの声が耳元で聞こえてくるようでした。

八木さやちゃんの言ってることは今まで勉強してきたビジネスブログとは違う!!

心でぶつかってる人を初めて見ました。
自分を全開時してくれてる。
熱いし重いし、中途半端にかかわっちゃいけない人。

こんな人みたことない!!そんな風に思いました。

自分ビジネスオンライン講座を購入・私が変わる!変えて見せる!

そしてギリギリまで悩んでDVDを購入しました。
当時、パートもしてなくて、ハンドメイドの収入も特にない私。
39000円の自己投資にびびっていました。

先行投資の必要性もわかっていたけれど、一主婦として自分のために大金を払うのは無駄じゃないか?
と散々悩みました。

元を取れなくてもいい、勉強代、など、

散々言い訳を考えながらの買い物でした。

早く届かないかな・・・
あんなに待ちわびたことはないくらい楽しみでした。


届いたDVDを触った時、温度、あたたかさを感じました。
そしてあんなに開封にドキドキしたことはないってほどドキドキしてました。

私の世界が変わる気がする!
変えてやる!!何が何でも変えてやる!


そんな決意がありました。

自分の何か納得いかないモヤモヤをなくしたい!

そして、八木さやちゃんの自分ビジネスの世界に飛び込んで行きました。

あれから一年、自分ビジネスで自分の本心を見つけられました

やりたいこと、心に響くこと、を人からなんて思われようとやる。

そんな決意ではじめた自分ビジネス。

いまだに上手く回せていなくて、参考になることは何もないので書けないのですが、一歩ずつ前進はしていっています。

昨年、9月には開業届を出し、会計入力をちゃんとして、在庫管理をして、確定申告を経験し(もちろん赤字)。

赤字だけれど自分は自分の会社を運営している、がんばってることに誇りをもっています。
いつか税金を払えるくらい価値を提供したい。そんな風に思っています。

そして、いろいろ自分のやりたいことを見つめる中で「人に喜んでもらえること」ここに私は重点を置きたいということもわかってきました。

だからこそ、自分はお母さんをちゃんとやりたい。家族のことをしっかり守り、笑顔でいられるようにしたい。ここが一番やりたかったこと。



そんなこともわかるようになりました。

あんなに何もないって焦ってばかりいたのに。

自分がやりたかったことは外に出てただ稼ぐことじゃなく、家でしっかりお母さんをして、そのうえで楽しみながら自分のできることをお外に提供できるようになりたいなと思っています。

自分ビジネスを通して私は自分のやりたいことがちゃんと見つけられました。
自分ってちょっとがんばってるんじゃない?そんな風に思えるようになり、とても楽になりました。


子宮関係のことは未だによく理解できないけれど。
それでも自分のカラを破るきっかけは八木さやちゃんに頂いたなって思っています。

この記事を書いている人 - WRITER -
sakura
中学受験を経験した子供たちのサポートの日々。 だけどもっと自分に自信をもって、もっとキラキラと生きていきたい。 ママだってもっと輝きたい! 自分のために心地よく生きる日々の方法、生活・子育てご飯について考えていきます。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© さくらママの子育てご飯 , 2020 All Rights Reserved.